トップ

ソリスベリ

求人情報で気を付けたいこと 

求人情報で気を付けたいことは、まず、年収が残業手当を含んでいる提示額かどうかです。残業を前提としていた場合、その会社は、はなから労働者に長時間労働を期待している可能性があります。ですので、あらかじめ、何手当をつけてこの年俸になるということを詳細まで確認しておく必要があります。いろんな手当がついてやっとその年俸になるようでは、もし、自分にその資格がなければ、その手当は受け取れないことになります。また、車での通勤を禁止している会社も多いですが、最寄駅までどうしても車で行かなければならない場合、それは許されるのか、駐車場代、ガソリン代がでるのかも確認が必要です。でも、求人で一番大事なのは、仕事の内容です。どのような仕事を自分がすることになるのかをよく確認しましょう。

記載されていない情報に注意 

学歴、経験不問、要運転免許(AT可)、簡単なPC操作ができる方。このような条件で求人情報がでていたのに、いざ面接に行ってみると、経験者が望ましい、社用車はマニュアル車しかない、パソコンスキルはその程度なのですか? などなど、記載されたことと異なる条件を突きつけられるケースも多々ある。その際、あなたならどう切り返しますか。そんなこと求人情報に書いてなかったですよと伝えるのもひとつだが、採用する側のミスを責めたてるよりも、そこはぐっとこらえて、私の確認不足でした申し訳ございませんと言える自分になったほうが得策です。なぜなら、それも一つのスキルだからです。相手に恥をかかせないで、尚且つそういった自分をアピールすることもできるので、いい意味でバカになってみるのも時には大切なのではないでしょうか。

求人状況を知るための情報

新着情報